鹿児島市の路面電車
通称「市電」と呼ばれる鹿児島市交通局の路面電車。鹿児島市交通局の前身は1912年に運行を開始した鹿児島電気軌道です。
・戦争の被害で一時壊滅的な打撃を受けましたが、戦後なんとか回復。順調な車両増備、路線の延長が行われました。
・しかし1960年代から利用客減少が除々にあらわれます。電車車両の改善、運行系統の見直しがくり返し行われましたがいずれも決定打となることなく、1985年に上町線(市役所前〜清水町2.2km)と伊敷線(加冶屋町〜伊敷町3.9km)が廃止となりました。
・1988年から鹿児島市の都市景観整備事業により自動車と同じアスファルト道路を走る「併用軌道」のセンターポール化(複線の線路の中央に電線を支えるポールを立てる)の工事を開始(それまでは道路の両側からクモの巣のようにはり巡らされた支え線が市電の電線を支えていた)。1992年、併用軌道の全線でセンターポール化が完了しました。

運行路線
・市内第一期線(武之橋〜高見馬場〜鹿児島駅前)3.0km
・市内第二期線(高見馬場〜鹿児島中央駅前)
1.0km
・谷山線(武之橋〜谷山)
6.4km
・唐湊線(鹿児島中央駅前〜郡元)
2.8km

 
全線合計13.2km 電停数35個所 軌間=1435mm 電圧=直流600V

運賃
 
大人 170円/全区間均一
 
小人 80円/全区間均一


車両形式別解説
500
製造初年が1955年という鹿児島市交通局市電の最古参形式。当初は前面2枚窓で、前照灯も運転席の窓の下にありました。

直巻き電動機37.5kwを2基搭載。最高出力70kw。
自重16.9t、全長12500mm、全幅2300mm、全高3570mm。
座席数28、乗車定員96人。

  600形
昭和34〜38年にかけて500形の改良型として登場しました。ちなみに、ロットによって台車や窓枠、排障器の形状に違いがあります。


直巻き電動機37.5kwを2基搭載。最高出力70kw。
自重16.1t、全長12500mm、全幅2300mm、全高3640mm。
座席数28、乗車定員96人。
2100形
1989年、鹿児島市市電運行60周年記念として2両が新造されました。車両新造は600形以降26年ぶりです。製作はJR九州鹿児島車両所が担当。

自重19.0t、全長12400mm、全幅2470mm、全高3810mm。
座席数30、乗車定員62人。

2110形
1991年、上記の2100形をベースにJR九州鹿児島車両所が製作。3両が製造されました。制御機に鹿児島市電初のVVVFインバータ制御機を搭載しています。運転席のマスコンは横型から縦型の2ハンドルに変更されました。

自重19.0t、全長12400mm、全幅2470mm、全高3810mm。
座席数30、乗車定員62人。

2120形
上記の2110形と同じ1991年、JR九州鹿児島車両所が増備車両として製作。2両が製造されました。車体外観や車体性能は上記の2110形と同じ。運転席のマスコンは縦型から横型に変更されました。

主電動機に三相交流電動機を2基搭載。最高出力120kw。

自重19.0t、全長12400mm、全幅2470mm、全高3750mm。
座席数32、乗車定員62人。

2130形
1992年、JR九州鹿児島車両所が2両製造。形、性能ともに2110形と同じです。

自重19.0t、全長12400mm、全幅2470mm、全高3750mm。
座席数32、乗車定員62人。

2140形
1994年、JR九州鹿児島車両所が2両製造。

自重19.0t、全長12400mm、全幅2470mm、全高3750mm。
座席数32、乗車定員62人。

9500形
1995年にアルナ工機が800形の下回りの再利用と上部車体の新造により、登場した車両です。15両つくられました。

出力75kw。

自重16.8t、全長12360mm、全幅2460mm、全高3750mm。
座席数30、乗車定員62人。

9700形
1998年に上記の9500形をベースに2両新造されました。
制御機はVVVFインバータでなく2100形と同じ間接式抵抗制御機。しかし制動機はそれまでの直通式から電気指令式電磁直通ブレーキに変更してあります。
9500形との外観状の違いはパンタグラフがシングルアームであることです。

出力60kwの主電動機を2基搭載。

自重19.0t、全長12360mm、全幅2460mm、全高3750mm。
座席数30、乗車定員62人。

1000形
愛称「ユートラム」。アルナ工機社リトルダンサーシリーズ 『リトルダンサーA3』型。2002年1月アルナ工機から納入されました。3分割された前後の車体に台車が付いています。3連接車両と思いきや厳密には連接車両には分類されないようです。客室の地上高が33cmという超低床電車で初の日本国産100%低床車。鹿児島市電の顔的な存在となりました。

・コンプレッサー不要の電気式シングルアームパンタグラフを装備。また国産車両としては初の電動ばねブレーキを採用しています。
2003年、優れた鉄道車両に贈られるローレル賞を受賞しました。

最高速度40km/h。
自重19.0t、全長14000mm、全幅2470mm、全高3750mm。
座席数24、乗車定員55人。
7000形
2007年から導入された5連接超低床電車です。愛称は「ユートラムII」。アルナ車両リトルダンサーシリーズ 『リトルダンサーA5』型です。2007年3月導入の7001号,7002号に引き続き2008年3月に7003号,7004号が増備されました。

最高運転速度40km/h。自重 25.5t
全長 18,000mm。
全幅 2,450mm。
全高 3,750mm。
座席数24、乗車定員78人。
花電車


100形 詳細レポートはこちら(準備中)

 
 

芝刈り電車 詳細レポートはこちら
芝刈り電車

毎年おはら祭の開催に合わせて運行されます。

 トピックス
9702号機のLED幕 & 行き先幕基本
1000形 ユートラム - 車イス対応設備などの相違点-
500形,600形の補助ライト増設
2007年春 7000形1次車(7001,7002)搬入
2008年正月の沿線写真
台車の老朽化に伴う、600形の台車更新
2102号車のライト相違点
日本最南端電停の標柱を設置

2002年12月以降の追加、塗装変更車両
車両広告塗装には当然ながらスポンサーがいます。スポンサーが変わったらこれまた当然広告塗装が変わるわけですが、2002末時点での全車両の撮りつぶしをした後に広告主が変わって車体カラーの変更された車両写真をこちらで紹介しています。2002年末以前のはこちら。
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その21(計12枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その22(計18枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その23(計23枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その24(計18枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その25(計14枚)
 追加、 塗装変更車両 写真一覧 その26(計17枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その27(計14枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その28(計19枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その29(計18枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その30(計18枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その31(計17枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その32(計14枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 その33(計xx枚)
 追加、塗装変更車両 写真一覧 そのXX(計xx枚)